無料ブログはココログ

« 近用メガネは明視域測定だけでなく快適範囲の計算が必要! | トップページ | 大人気!パソコンが良く見える遠近両用レンズHOYA JAZ »

2011年6月19日 (日)

トロピカル植物の描き方

当店のweb画面に出てくる夏のイメージのトロピカルな植物は、実はadobeのIllustlatorCS3で製作したものです。

Summ3
Illustlatorは20年以上前のVer3.0から愛用しており、MACでDTPをやっていました。そのほかにももちろんPhotoShopやクォークExpress等、PC本体よりも高いソフトを使って全ての印刷物を製作していました。今回のタイトルでは、なんとなくトロピカルな植物のイメージが「ポッ」と浮かんで画面に描いたところ、はまってしまって次から次とイメージが沸いてきました。それほど特殊なテクニックではありませんので、作り方をそっとお教えしましょう。

Illustlatorのバージョンに由来しないほぼ共通の命令だけで描けます。まず次のように1枚の葉の原型をトレースします。

Ph025

次にグラデーションカラーで葉の表面の濃淡の変化を指定します。
Ph026 上の画像で描いた葉の輪郭線を消してからコピーし、ペーストしたら垂直に移動して少し縮小してから右端を中心に僅かに傾けます。
Ph027 次は2枚の葉をドラッグしておいてから「ブレンド」の項目で「スムースカラー」の下にある「ステップ数」を指定して、それから「ブレンドの作成」を実行させると
Ph028 のようになります。ずいぶん葉っぱらしくなってきたでしょう。上方までブレンドの範囲に指定できますが、多少不ぞろいな感じのほうがリアリティがあるので、葉の先端部は別に作った葉を足して側軸をつけます。側軸もカラーは単色でなくグラデーションを指定しておきます。
Ph029 この状態になったら左側の葉を全てコピーし、前面に貼り付けてから「リフレクトツール」で「垂直」を指定して実行させます。
Ph030 アクティブになっている「右の葉」を側軸の右に移動すればとりあえず完成です。
Ph031 このままでも良いのですが、全体のバランスを調整するために縦横のサイズを整えたほうが無難でしょう。1つの画像を「グループ」指定しておいてから画像を「保存」しておきましょう。さらにいろいろなアレンジをしてサイズを変えたりブレンドのステップや葉の色を変えたりすればデザインが広がります。
Ph032 いかがでしたか。やってみると夢が膨らんできますよね。このほかにもアイビーや玉シダ、ハイビスカスなども描いてみました。植物の実物をよく観察することと、CGのデフォルメをうまく組み合わせると「今風」の画像になることが良くわかりました。

webでは時系列に画像が変化するようにしましたが、ちょっとの工夫でどなたにでもできるので是非試してみてください。

IT系メガネショップJ-EYE

« 近用メガネは明視域測定だけでなく快適範囲の計算が必要! | トップページ | 大人気!パソコンが良く見える遠近両用レンズHOYA JAZ »

Illustlator CS3テクニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トロピカル植物の描き方:

« 近用メガネは明視域測定だけでなく快適範囲の計算が必要! | トップページ | 大人気!パソコンが良く見える遠近両用レンズHOYA JAZ »