無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

PasoMega®システムの新製品を2012年1月に発表

現在PasoMega®関連システムの開発完了または開発中も含め、来年2012年1月に複数の新製品を発表することにしました。従いまして、予告しておりました開発完了の新システムを今年中に発表する予定でしたが、このときに一挙に発表いたします。

Ppp_n

PasoMega®/パソメガ®システムも多くの方にいろいろなご意見を頂戴しております。いずれも有益なご意見が多いので、極めて短期間で開発に取り組んでアップグレードし続けております。同業者の皆様が来られる展示会などでPasoMega®を見かけましたら、是非とも実際に手に触れてPasoMega®を体験し、率直なご感想をお聞かせ下さい。皆様のそのアイディアがPasoMega®を進化させます。

PasoMega®システムは眼鏡専門店としての機能を発揮できるシステムです。一般のメガネユーザーの皆様が「PasoMega®/パソメガ®」と聞けば「メガネを正確に測定すること」の代名詞として認知されつつあります。あと1~2年もすれば日本中の47都道府県全てにPasoMega®設置店が普及するシステムです。進化するPasoMega®にご期待下さい。

IT系メガネショップJ-EYE

2011年12月23日 (金)

受験用のメガネの点検は大丈夫ですか?

 受験生にとって今は総仕上げの時期です。寒さも厳しくなり、夜遅くまでの受験勉強でご本人も大変なら、お子様を支えるご家族の皆様もさぞご苦労されておられることと思います。

 特に今回は中学受験のお子様のメガネに関して、メガネを専門的に販売する立場から少し述べてみたいと思います。

1.メガネの度数は受験用になっていますか?

 受験用のメガネで最も注意すべき点があります。受験のペーパーテストの場合は机に向かって行う作業であるのですが、直前までの塾や講習会での教室の黒板を見るための度数が合っていても、ご使用のメガネが近距離で本当にストレスの無い度数になっているかということです。
 黒板が見づらいので度を強めたメガネで近距離を見た場合に、もし近くが疲れるようでしたらやはり受験専用が必要かと思われます。左右の視力の違いがあって疲れる場合もありますので注意が必要です。

2.メガネフレームの調整は完璧ですか?

 最も多いのがこの問題です。大人用も子供用もまず90%以上の方のメガネを見ると、お顔の幅とメガネの幅が合っていません。メガネを掛けるとズレるのは、緩いだけではありません。幅が狭くてもズレます。最も良くない事例は、耳の後ろだけできつく押さえすぎていることです。お子様のメガネのサイズが小さすぎても大きすぎてもこの現象が起こります。適正なサイズのメガネで、机に向かって下をむいてもズレないメガネを選ぶことが重要です。形や色にこだわりすぎてサイズを犠牲にしないようにしましょう。

 当店では全てのお客様にメガネをお顔に合わせる前に、当店で製作したツールを使用してお顔の幅を計測してからサイズを調整して掛けていただくようにしています。

3.メガネの色やデザインにも注意しましょう!

 中学受験の多くの学校では面接があります。入学試験のときは控えめな落ち着いた色やデザインのメガネを掛けたほうが無難でしょう。特に注意することは、複数のメガネを使用している場合にはなるべく受験写真で使用したメガネをかけて受験に臨むことです。やむなくそのメガネが直前に壊れた場合には、極力似たようなデザインのメガネを購入しましょう。同じメガネを予備として購入するのも無難です。

 面接では本人だけでなく、親子面接を実施するところもあります。その場合には子供さんのみならず親御さんのメガネもあまり奇抜なものではなく、ブランド品であってもやはり控えめで品のあるデザインのものをお勧めします。

4.「曇り止め」用具の準備は絶対に必要です!

 東京など首都圏での中学受験の開始は2月初旬ですが、このころは最も気温が低下して雪もちらつく季節です。今年は例年の10倍のマイコプラズマ肺炎の罹患率がささやかれており、ほとんどの受験生は風邪対策でマスクをして受験に臨むかと思われます。電車などでは曇り止めをしていないとメガネが息で曇ってしまって本が読めません。ホッカイロや長靴だけでなく、是非ともメガネの曇り止めの準備もしてください。

 当店では、液体ムース式だけでなく便利な使い捨てタイプの曇り止めのついたレンズペーパーもご用意しています。

全ての受験生の皆様のご健闘をお祈りいたします。

IT系メガネショップ J-EYE

[予告]数日後に画期的なパソメガ®新開発ソフト発表します

 あえて具体的な日にちは言いませんが、まもなく当社開発の画期的なパソメガ®系の新開発ソフトを発表します。

Ph041b

 実は今年10月のiOFT2011に新製品を出品していたところ、数社の眼鏡店さんから同じご要望をいただきましたので数日後には基本設計を行って一ヵ月後に数種のサンプルソフトを開発し、その中で最も使いやすい1つを製品化いたしました。

 このソフトの利用価値は関係者だけの内覧会でも最も評価の高いものでした。今正に多くの眼鏡店様に必要なソフトです。当店ではサンプルを実際に店頭で使用してデータ収集を行っていますが消費者の皆様からも極めて好評です。来年の眼鏡業界にまたまた大きな衝撃を与えることでしょう。

 来年は後半にWindows8の発表も予定されており、Win系スレートPCはドラスティックな展開が期待されています。恐らくタッチパッド端末とタッチパッドPCの差が明確になってくるものと思われます。当社も既に数種の新開発ソフトを計画しており、猛烈な勢いで日々研究しております。

 いずれにしても、パソコンやスマホなどに関わる方を少しでも楽になっていただき、皆様の健康維持に貢献できるメガネを作りたい一心でパソメガ®/PasoMega®システムを開発したいと思っています。ご同業の皆様も消費者の皆様も何か良いアイディアやご意見がございましたら是非ともお聞かせ下さい。

IT系メガネショップ J-EYE

2011年12月16日 (金)

パソコン用メガネ「HOYA JAZの徹底研究」アップしました

Ph40

 パソコン用メガネ最新情報シリーズでついに「HOYA JAZ」の徹底研究リポートをアップしました。

 単なるメーカー説明のカットアンドペーストではなく、実際に3ヶ月使用して細かいところを検証した上で解説しております。特に注目していただきたいのは、新しい遠中近レンズだけでなく同じ度数で製作した「HOYA FDクリアーク」という中近用レンズも同時に使用して比較した体験記事を載せていることです。

 売り手がリアル体験することで、この超絶人気商品JAZの詳細な情報をお伝えできたと思います。ご使用している遠中近メガネでパソコンが見づらいという方は、是非ともこの情報をお読みになってご相談ください。

IT系メガネショップ J-EYE

パソコン用メガネ最新情報 「HOYA JAZ」徹底研究 ttp://www.j-eye.com/001_014/jaz.html

2011年12月 1日 (木)

健康リスクが高い「度無しパソコン用メガネ」とは

◎視度補正を確認しないパソコン用メガネは健康リスクが高い

 マスコミで度無しカラーレンズのパソコン用メガネの宣伝が盛んになってきていますが、やはりというか、正確な視力検査をせずに購入した視度補正の無いPC用カラーメガネを使用した方のご相談が増えてきています。

1.裸眼で左右の見え方が違う場合

 弱度の近視や乱視の方が視度補正を確認しないパソコン用メガネを使用して、右眼と左眼の見え方が違うばかりに頭痛や肩こりに悩まされているというものです。弱度であっても長時間のパソコン作業では目を酷使するために目が疲れます。「見づらい」ことと「見やすい」ことの差は精神的・肉体的に影響を及ぼし、仕事の効率に影響します。若い方でも遠視の状態では近くが見づらくなるので、両眼開放の近見視力表で正確な視力検査をされることをおすすめします。

2.姿勢の悪化が招く結果...

 最近若い方で近視の度数が進んでいるのに弱いメガネの状態でパソコン作業を長期間していたために姿勢が崩れ、前かがみな状態でアゴを突き出す姿勢で作業していた結果、「両手のしびれ」を経験した方のご相談が8例ほどありました。中にはマウスをクリックできなくなり、病院で治療している方もいました。老眼部分の弱めの遠近両用眼鏡を使用していた方にも同様な事例が数件ありました。
 
病院での検査で頚椎から繋がる腕に関わる神経が圧迫されたためのようです。整形外科での治療とともに、適度な視度補正による姿勢を改善しなくては根本的な問題解決にはなりません。

 視度補正無しのパソコン用メガネの選択でも同様な結果となることは容易に想像でき、健康リスクの危険性があります。姿勢の崩れを感じる方は度無しのパソコン用メガネの使用を直ちにやめるべきでしょう。


3.レーシックやコンタクト装用でも...

 遠くが良く見えても、必ずしも近くが良く見えるとは限りません。特に乱視の方で乱視用のコンタクトを使用しないで視力を強く出している場合に近方が犠牲になっている事例が多数散見できます。片眼だけ近くが見づらくても頭痛の原因になるので、パソコン作業される方はそのことを注意したいものです。
 レーシック手術された方であっても近見視力に影響する調節力は必ずしも左右同じではないので、遠見視力が左右で1.2だとしてもパソコンや手元の見え方が同じとは言い切れません。もしその場合はパソコン作業が疲れるようでしたら、度無しカラーレンズのパソコン用メガネをかけてもまったく改善されません。

4.パソコン用メガネは必ず検査してから購入しましょう !

 過去に視力測定の結果、本当に度無しのパソコン用レンズが必要なケースを扱ったこともありますが、視度補正が必要なのに測定しないで安易に度無しカラーレンズだけのパソコン用メガネを過信することは健康リスクに影響します。もしそのようなことでご相談の方がございましたら是非ご連絡下さい。

IT系メガネ専門ショップ J-EYE


 

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »