無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (1)

完全な同心円状の金環食が見られる場所を「金環食の中心帯」と呼びます。実際にはその幅はごく狭いものではないのですが、計算上の中心帯は日食の継続時間が長いのでその場所の価値が高いのは事実です。

ネットで調べたところ、当メガネショップJ-EYEの位置する向河原周辺に中心帯が通過することは知っていたのですが、複数のサイトによってその位置が異なっていることがわかりました。太陽から地球までの距離は1億5000万Kmほどあり、計算式が同じでも計算で使用する開発言語の違いや変数の設定などで結果が異なる場合もあります。皆既日食の場合はわずか数100mの違いで皆既にならないことのあるのでたいへんですが、金環食は帯域が広いのでとりあえず安心です。

そこで最も信頼できる国立天文台の暦計算室ではどのような結果が出ているか調べたところ、複数の予報位置の中間付近に中心帯があることがわかりました。もし計算上の狭い幅を中心帯としたならば、国立天文台の計算結果では上丸子山王町地区とNEC玉川事業場の上工場ならびに隣接する湘南新宿ライン/JR武蔵小杉駅の頭上を通過しています。(画像中心付近の赤い線が中心帯)

Eclips_p1

その中心帯が当店から僅か200m付近のところを通過し、地元の多摩保育園さんから数十メートルしか離れていません。ただしこれは理論上の狭い幅を中心線とした場合の表現であって、5/21には川崎市中原区内全域で同心円状の金環食が見られますからご安心ください。

当日の朝、武蔵小杉駅のホームでは危険ですから絶対にここで日食グラスを出して見ることは慎みましょう。付近のマンションにお住まいの方は東側の窓からゆったりと眺めることができるでしょう。

金環食は日本中の広い範囲で見られることから、海外からも大勢の方が見物に来られることでしょう。このアストロショーが日本を元気にしてくれるよう、今はただただ晴れることを祈っています。

IT系メガネショップ J-EYE

2012年3月30日 (金)

学校関係の方に5/21金環食の日の提言があります

やはりと言うか、5/21の金環食は大ブレイクしているようです。

Ph043

日食メガネを買いに来られた人が異口同音にしておっしゃることは、「会社に行く時間とぶつかる」とか「学校に行く時間に間に合わない」というものでした。お仕事の方は有給休暇を取る方もあるようですが、学校はそういうわけに行かないと思われます。

そこで日本全国の学校関係者、特に裁量権のある校長先生に提言させていただきます。

5/21の1時間目の授業をずらして、子供たちが自宅でこの金環食を家族とともに見られる時間を作ってあげてはいかがですか!!

科学技術立国であるはずの日本の子供たちが「理科離れ」を起こしている現在、これほど子供たちに興味を持たせる大きな自然現象はなかなか見つからないと思います。コンピューターのCGではなく本物の自然現象を見ることのインパクトは、好奇心に満ちた子供の感性に強く響くものがあるかと思われます。また、ご家族で見ることで子供さんにとって一生の思い出になることでしょう。

重ねて申し上げますが金環食のような宇宙現象は、どんな立派な本を読ませるよりも教育的効果の上がる現象だと思います。全国のPTAの皆様も、是非とも学校の先生方に働きかけて実現されてはいかがでしょう。

IT系メガネショップ J-EYE

2012年3月26日 (月)

低価格の日食グラス(税込400円)入荷しました!

あと2ヶ月後の5/21(月)の朝には日本列島で金環食が見られます。

それも何と、当向河原地区は日食の中心線上に位置するという偶然を地域住民の皆様はご存知でしょうか。

実際に金環食の中心帯の幅はけっこう広いのですが、本当の中心線上では完全な同心円の金環食が見られるのです。今後数百年たってもこの場所で見られるかは現時点では解りませんが、この地区に住んでおられる方は正に奇跡的な幸運に恵まれています。

小生には日食が起きるたびに海外に出かける友人がいますが、そのために日ごろひたすら貯蓄しているそうです。今回の金環食は正に「タダ」で見られるのですからこれを見なかったら絶対後悔してしまうでしょう。

本日そのための日食グラスが入荷しましたので店頭に並べました。前回2009年の日食のときは入荷3日間で完売したものです。低価格の400円で設定しましたので、ご家族皆様で是非ご覧下さい。

Kinkan

今後も引き続き向河原地区の日食情報をお伝えする予定です。

IT系メガネショップ J-EYE

2012年3月 2日 (金)

パソコン用メガネ最新情報~青色光減光のHOYA新レンズ発売

 HOYA社が青色光をコーティングで減光する最新レンズ「ヴィーナスガードコート ラピス」が発売されました。完全無色ではなく、淡い10%程度の黄色味を帯びたレンズです。

Hoya_bg

 以前から販売されている「ヴィーナスガードコート」はシリーズの中で最もキズ付きにくく、さらに帯電防止機能によるホコリが付きにくい特徴を持っています。今回は両機能だけでなく今最も問題視されている「青色光」を吸収減光する機能が付きました。

 現在レンズメーカー数社から同様なレンズが販売されていますが、実際にそのレンズを見るとレンズの裏面反射が強いという欠点がありました。多くの消費者が市販されている一般レンズの表面反射率が片面で0.2%に慣れている状況にあっては、裏面反射率がこの数字よりもはるかに大きいようでは違和感を押さえられないものと思われます。

 今回のHOYA製品も同様にコーティングで青色光吸収を行うのでその部分が気になりましたが、裏面反射が実用に差し支えない程度に押さえ込んでいることを確認しまた。
 メーカー担当者が早速サンプルを持って来られたので当社のPasoMega®CCSシステムを使用して画面の見え具合(コントラスト強調効果)も調べてみました。その結果、10%程度イエロー系カラーの効果で一般の方が簡単に確認できる程度のコントラストが強くなることもわかりました。
 以前buiレンズが6%のイエロー系ということが解ったときに、なぜ10%にしないんだろうと思っていました。キャリアカラーの15%と比較して、10%のイエロー系が最も自然に画面が見える濃さであると思われます。

Lapis_curve_2

 青色光の減光はパソコン等の疲労だけでなく、加齢に伴う眼の健康リスクの予防にもなることで注目されています。レンズの色をあまりつけたくなくてちらつきを抑えたい方に向いたレンズと言えるでしょう。「HOYA ヴィーナスガードコート ラピス」をご希望の方は是非とも当店にご相談下さい。

IT系メガネショップ J-EYE

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »