無料ブログはココログ

« 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (2) | トップページ | 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (4) »

2012年4月14日 (土)

武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (3)

デジカメと望遠レンズでの金環日食撮影のポイント

やはり5/21の金環食は何らかの形にして残したいと考える人は多いのではないでしょうか。そこで今回は手もとにあるデジカメと望遠レンズで撮影を考えておられる方のための参考情報を述べてみたいと思います。

いったいどれぐらいのレンズを使ったら良いのか見当が付かなかった方のためのシミュレーション・イラストを作成しました。尚、参考例はNikon D300という少し前のデジカメを使用しています。このカメラの撮像部は23.6X15.8mmのCMOSセルを使用していますので、最新のD5100(23.6X15.6mm)とほとんど同じです。

Nkd300

まず焦点距離200mmの望遠レンズを使用したときの視野と画角を計算したところ、横6゜45.1'、縦4゜31.4'、対角方向で8゜7.3'でした。太陽の視直径は32'ですので図にすると

Nkd300_1
のようになります。200mmだとやはり少し小さめのようですので、もしこれに2倍のテレコンバーターを使用して400mmにすると下のようになります。

Nkd300_2

だいぶ大きな画像になりましたね。これぐらいになればかなり迫力がありますが、ついでに600mmぐらいの望遠で捉えたらどんな大きさになるか見てみましょう。

Nkd300_3

これだけクローズアップできれば相当なインパクトがあります。ただし日食の撮像には注意したいいくつかの細かい点があり、見落とすとうまく撮影できなかったり最悪の場合撮影機材を壊す結果となりますのでお気をつけ下さい。

1.遮光用フィルターは必ずレンズの前面に取り付ける必要がある!!

これは大口径望遠レンズにありがちなことで、一般撮影のような焦点付近のインナータイプ・フィルタ・フォルダーに収めると太陽の熱でフィルターが割れてしまいます。必ず何らかの方法でレンズの前面に取り付けなくてはなりません。フィルターは必ずしもガラス製の必要はなく、専門店では30x30cmぐらいのシート状樹脂フィルター(日食用)もあります。適当な大きさに切ってレンズフードにビニルテープで固定する方法もあります。

一般的なFの大きい小口径の望遠レンズならば専用フィルターが出ていますのでこちらを使用されると良いでしょう。

Nd100000

フィルターの径の違いがあってもステップアップ(ダウン)リングを使用すればうまく装着できます。当方もマルミ製のND100000を使用する予定です。

2.しっかりとした三脚に装着して撮影してください!!

望遠レンズを使用しますので、手持ち撮影ではピントが合っていても僅かにブレてしまいます。必ずしっかりとした三脚に設置して撮影しましょう。

3.部分日食の撮影の合間は画面の中央に太陽を入れておけない!!

ND100000でも太陽を直視していられないほどですので、金環食前後の部分日食を撮影する合間に画面の中央に入れておくと最悪デジカメの撮像素子(CMOS)を痛めることになりかねません。手間はかかりますが視野から外しておくことをおすすめします。

4.撮影はすべてマニュアルモードで行います!!

ピント/シャッタースピード共にマニュアル撮影モードで行います。露出は当日の天候条件で変える必要がありますのでご注意下さい。部分日食時は1/1000secぐらいですが、金環食時は1/500secぐらいとされています。実際には露出時間を変えて撮影することをおすすめします。金環食の継続時間が約5分ほどありますのでたくさん撮れそうです。金環食の突入瞬間の状態で「ベリービーズ」という現象がありますので、この瞬間はバッチリ決めたいところです。

画像フォーマットはJPEGでも良いのですが、できればRAW/14bitで保存するようにしておきましょう。

撮影機材の準備が整ったらリハーサルをかねて一度太陽を撮影してみるとよいでしょう。昼はなかなか仕事でできないようでしたら、月と太陽の視直径はほぼ同じですので、同一機材で日食フィルターを外して夜の月の姿を撮影してみてください。ピントの確認や撮影のタイミング、カメラのブレの確認はできるでしょう。

日食用メガネのご用命は当店で....

Kinkan

IT系メガネショップJ-EYE

« 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (2) | トップページ | 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (4) »

金環食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (3):

« 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (2) | トップページ | 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (4) »