無料ブログはココログ

« 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (8) | トップページ | 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (9) »

2012年4月30日 (月)

5/21金環日食で学校への提言が実現しはじめています

このブログと当店ホームページで、3/30に学校関係に1時間目をずらしたりする提言を行いました。そのブログを直接ご覧になったかどうかは解りませんが、各地の学校で提言に沿った前向きな内容が実施されることがわかりました。

埼玉県においては校長会で授業時間を1時間ずらすことが決定されたそうです。ご家庭で観察できるできるようにとの配慮だそうです。

その中で驚いたのが東京の私立・麻布中学高校では5/21を休校にしたことです。この世紀の天文現象をしっかりと体験して欲しいとの事から実施するとのことです。

このような各地の動きに照らしてさらに学校関係に提言したいのですが、

「5/21金環日食は理科の体験学習」にしてみては如何でしょう

金環日食や皆既日食は直接的に日食を見ることだけに意義があるのではありません。天文の観測研究に携わる人たちの中には、日食の前後と食大(最も欠けているとき)の時系列的な気象の変化や気温・湿度の変化、動物の生態の変化などさまざまな内容も調査しています。

そこで子供さんたちに金環日食の継続時間が5分間ありますので、是非ともご家族やご兄弟で役割分担をして、そのような理科の実習的な楽しみ方を提案されてはいかがでしょうか。その記録は場合によっては天候が思わしくない場合にも学術的な価値がありますし、夏休みの宿題のうってつけの材料になるでしょう。学校では子供たちに観測成果を発表する場を作ってあげるのも更に子供たちのモチベーションを上げられることと思います。

この金環日食を単なる享楽的なイベントに終わらせるのは、理科教育にとって大変もったいないと思われます。是非とも先生方も今からでも間に合いますので、関係者の皆様でご意見を出されてみてはいかがでしょうか。この現象がきっかけとなり、理系方面に興味を持つ子供が増えることを願ってやみません。

IT系メガネショップJ-EYE

« 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (8) | トップページ | 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (9) »

金環食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5/21金環日食で学校への提言が実現しはじめています:

« 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (8) | トップページ | 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (9) »