無料ブログはココログ

« 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (6) | トップページ | 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (8) »

2012年4月26日 (木)

武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (7)

無料ダウンロードOK!「金環日食観察用ピンホールカメラ解説ページ」アップ!!

日食観察にご興味のある皆様、お待たせしました。
JR武蔵小杉駅から4分のIT系メガネショップJ-EYEでは、予告どおり独自にAdobe のIllustlatorを使用して企画開発した金環日食観察用ピンホールカメラの作り方を解説したページと、無料でダウンロードできる型紙を本日アップいたしました。

Ph50

解説ページ ttp://www.j-eye.com/eclips2012.html

型紙ダウンロード ttp://www.j-eye.com/

このブログではかねてから身近にあるものを利用して、お金をあまりかけず誰でも手軽に楽しめるような情報を発信してきましたが、この金環日食観察用ピンホールカメラはローコストだけでなくお子様でも安全に日食を観察できることをを目指しております。

型紙はトップページから入っていただき、ピンホールカメラのバナーをクリックしてから[ファイル]-[名前をつけて保存]をクリックしてください。

Ph51
PDFで3ページにおよぶ型紙が出てきます。これを厚めの紙にお手持ちのインクジェットプリンタで印刷して使用します。そのほかに像を映す半透明のスクリーン用ビニール袋や両面テープ、カッター、画鋲などをご用意するだけです。

Ph52

準備が整えば約1時間程度で作れますが、まるで雑誌の付録のような本格的な作りに仕上げることができます。

このピンホールカメラは直接金環日食の像を映すだけでなく、お手持ちのコンパクトデジカメや携帯電話のカメラで撮影することもできます。その場合はカメラの三脚に両面テープで固定して撮影すると良いでしょう。ビデオカメラでも写せるでしょう。

昨日製作してから天候が優れませんので太陽の実写確認ができましたらまたご報告いたします。太陽が出たらピンホールの大きさを確認しなければなりません。穴の大きさで見え方が大きく変わるからです。

ぜひ多くの方にこのカメラを製作していただきたいと思います。

IT系メガネショップ J-EYE

« 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (6) | トップページ | 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (8) »

金環食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (7):

« 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (6) | トップページ | 武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (8) »