無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月23日 (水)

武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (15) ベイリービーズ撮影成功

金環日食中心帯~武蔵小杉/向河原地区においてベイリービーズを撮影しました!

Eclips_b3

金環日食におけるベイリービーズ現象は中心帯よりも限界線付近のほうが継続時間が長いと言われています。おそらく日食に詳しいアマチュア天文家やプロの観測家は中心帯を避けてベイリービーズを見ていたかのかもしれません。と言うことは、中心帯付近でのベイリービーズの観測例は少ないと言うことでしょうか....

実際に望遠鏡にデジカメをつけてモニターで見ておりましたが、中心帯付近でのベイリービーズが見える時間は金環食になるほんの2~3秒前の瞬間的な現象でした。今はスチール用のデジカメでも動画機能があるので連続して撮影し、必要な部分をスチール化できるので便利な時代になりました。

今回は特にベイリービーズの観測が太陽の正確な直径を調べるために重要な役目を持っているという報道があり、注目度が上がっています。今月末か来月初めあたりには太陽の正確な直径が判明するものと思われますので、大変興味があります。

ネット上で大人気だったピンホールカメラ~各地で日食撮影成功

ピンホールカメラを作られた方で、ブログに載せていただいた方の記事をほとんど全て拝見させていただきました。掲載されていた写真もきれいな日食画像が多く、皆さんの熱心さが伝わってくるようでした。中には遠くアメリカに在住の日本人の方が製作し、現地で金環日食を観察されたブログもありました。

当方もピンホールカメラでの撮影を試みましたが薄雲の影響でコントラストが低く、肉眼では部分食の形状が分かったのですが思うような画像になりませんでした。

P1010300

あらためてピンホールカメラで見事な日食画像を発表されている方々に脱帽いたします。

このピンホールカメラの使い方を何かまた考えてみたいと思います。

日本初のIT系メガネショップ J-EYE

2012年5月21日 (月)

武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (14) 奇跡の金環食観測速報!

日食速報第1弾!! 奇跡の天候回復で黄金のリングの姿が見えました!

Ec21_1

もし「奇跡」という言葉があれば、今回の金環日食は正にそれが現実となったと言っても過言ではないでしょう。朝7時に外に出たら雨が降ってきて....しかし「最後まで雲の晴れ間をついて絶対見たい」と願っていたら....なんとなんと雲の合間から陽が差してきたではないですか。

Ec21_2

あわてて夢中でカメラのシャッターを切りました。今回は日食中心線に位置する天体観測所で撮影した画像の一部を速報と言う形でご報告いたします。今夜家に帰ったら画像処理して続報を掲載いたします。

当店ホームページもご覧下さい。 ttp://www.j-eye.com/eclips2012.html

おかげさまで金環食観察用ピンホールカメラは想像していた以上に多くの方にご利用いただいたようで、アクセス数が昨日は1日だけで1,350,000ヒットをオーバーしていました。皆様のお役に立てられたでしょうか。ご利用いただいた皆様、コメントやメールを頂いた皆様に厚く御礼申し上げます。

日本初のIT系メガネショップ J-EYE

2012年5月19日 (土)

武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (13) 一般望遠撮影の直前対策

一般カメラ用望遠レンズ撮影で安全に太陽を導入する方法

いよいよ金環日食まであと2日となりました。直前対策として今から準備できることをすこし考えてみましたのでお伝えします。

国立天文台や専門の機関から金環日食観察のいろいろな安全対策が出ておりました。その中で一眼タイプのデジカメ用望遠レンズを装着する場合、液晶モニターがバリアングルタイプでない直視タイプのものは太陽を導入する時に危険が伴うことが指摘されていました。

そこで当店が開発したピンホールカメラ<2>のファインダーを利用する方法をご提案します。

まず当店のトップページに入っていただきます。  ttp://www.j-eye.com/index.html

中央下の部分に「金環日食用ピンホールカメラ2」のバナーがありますので型紙のpdfファイルを開いていただき、4ページ目の「太陽用ファインダー」をダウンロードあるいは厚紙を用意して印刷してください。

Pp2

これを組み立てていただき、望遠レンズのフードの上に両面テープで取り付けるだけで安全に太陽を導入できます。

Pp10

両面テープだけで簡単に製作できます。内側が黒く塗ってあるほうが前方になります。

Pp11

あとはこのファインダーの底に両面テープをレンズフードに取り付けるだけです。前後を間違えないように、できるだけ正確にまっすぐ貼っていただければOKです。

Tele

望遠レンズを三脚に乗せてカメラファインダーでなく、このピンホールカメラ用のファインダーを使用して太陽の影を赤い線に合わせれば素早く簡単にしかも安全に太陽を導入できます。

Pp19_2 

あと2日ありますのでリハーサルでどの位置に影が合ったときにデジカメ画面の中心に太陽が来ているかを確認していただけると良いでしょう。

皆様の金環日食撮影の成功をお祈りいたします。

日本初のIT系メガネショップ J-EYE

2012年5月17日 (木)

武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (12) ピンホールカメラの三脚固定方法

金環日食観察用ピンホールカメラの三脚固定方法について

金環日食まであと4日とせまっています。この金環日食情報も既に12号となりました。

今回は日食用ピンホールカメラを普通のカメラ三脚に取り付けるときに風などで取れにくく、外すときにピンホールカメラが壊れにくい方法を見つけたのでご説明します。しかも身近にある僅かなダンボール紙と両面テープさえあればOKですので是非試してください。

Pt19

ポイントはカメラ三脚の雲台にダンボール紙で作ったアタッチメントを取り付け、ピンホールカメラにも取り付けたフックを差し込むだけで取り外しができるというものです。

詳細な製作方法は ttp://www.j-eye.com/eclips2012.html
をご覧下さい。

カメラ三脚に取り付けると像が安定するので観察しやすく、またファインダーの使用は太陽を直視せずに導入できるので安全性も高まります。

Pt17

ファインダーの影と後方の赤い線の位置とをあわせれば太陽がスクリーンの中に入ってきます。スクリーンを観察するときは、絶対に遮光板の影の部分に入って観察してください。とにかく太陽はまぶしくて危険ですから、絶対に目を太陽光にさらさないようにして観察しましょう。当店開発のピンホールカメラ<2>で捉えた太陽像が下の写真です。

Pt18

金環日食観察用ピンホールカメラ<2>では太陽像の直径が約6mm程になります。このぐらいあればデジカメやケイタイでも写せますが、露出時間は事前に練習して最適露出データを見つけ出すようにしてください。

観察中は両面テープとハサミを用意し、不意な風などに備えておくとよいでしょう。

◎とっておき情報!!

近所の仲間が 「カメラ三脚はカメラ量販店の店頭で980円で売ってるよ!」 と教えに来てくれました。

日本初のIT系メガネショップ J-EYE

2012年5月14日 (月)

パソコン用メガネ最新情報~Windows8上のPasoMega®システム

業界世界初! Windows 8ベースのパソコン用メガネ測定システム開発!!

当社による次世代技術の研究開発によって眼鏡業界に衝撃を与え続けているPasoMega®システムは、Windows 8ベースでのPasoMega®システム開発に着手しました。

W8_ppp_1d

パソコン用メガネがブームになっています。しかし全てのパソコン用メガネがその必要条件を満たしているとは限りません。この時代にあって40年前から変化の無いメガネ測定方法に疑問を持ち続け、当社は4年前よりパソコン作業に最適な度数と最適なカラーのコンピュータ分析というIT技術と、パソコン用メガネの測定方法を研究開発してまいりました。

PasoMega®の関連情報サイト ttp://www.j-eye.com/001_014/f10174g.html

パソコン用メガネの取扱は、メガネ測定技術の最も重要な両眼視測定スキルと最新のIT技術とのコラボレーションが必要な時代になりつつあります。すでにパソコン用メガネに適するレンズのカテゴリも進化を続けており、40年前から平然と続いている旧世代の視力測定方法では対応しきれない商品も続々登場しております。

W8dkss

Windows8は今年2012年後半に世界一斉に販売開始されるOSですが、その秘められた性能を表すPasoMega®新アプリケーションを順次発表いたします。

尚、現在メガネショップ J-EYE店頭においてWindows 8ベースでPasoMega®Pad Premiumの試験運用を実施しております。Updateの実施によりBluetoothも可能となったConsumer Preview 版は軽快そのものでお客様にも好評です。

日本初のIT系メガネショップ J-EYE

2012年5月13日 (日)

武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (11) 特報!!巨大黒点出現

特報!! 太陽表面にモンスター級の黒点が出現しています!

金環日食もついにあと8日となりました。皆様は日食グラスのご準備はできておられるでしょうか。

実は今、太陽表面にモンスター級の巨大黒点が出現しています。その具体的な規模はNASAのサイトから太陽観測衛星SOHOの画像を見ても解りますが、なんと日食グラスを使用して太陽表面の中心からやや右上のところにポツンと出ていることを確認できました。

Soho
SOHO衛星画像/NASAサイト http://sohowww.nascom.nasa.gov/sunspots/

金環日食観察の練習として、もしいろいろな機材を準備されている方は是非ともリハーサルをかねてご覧になっては如何でしょうか。ただしご注意することは金環日食の観察と同じですが、日食グラスを使用せずに太陽を直視しないで下さい。視力がある程度ないと黒点の存在はわかりずらいかもしれません。これも絶対に双眼鏡などで見ないようにしてください。

日食用フィルターを装着した望遠レンズをお持ちの方は200mm程度でもこの黒点の画像を捉えることができます。露出時間や感度調整も日食の練習としておさらいするチャンスです。太陽黒点は太陽の自転により日々移動していきますので、数日で見えなくなってしまいます。

IT系メガネショップ J-EYE

2012年5月11日 (金)

武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (10)

コンパクトデジカメやスマホで簡単に金環日食を写す方法を考えました。

条件は東側の透明なガラスのついた窓があることで、なんと用意するものは古新聞紙とセロテープだけです。

Ew_1

そこに1.5mm~2mmぐらいの穴を1つ開けた新聞紙を片方の窓に貼り付けてください。

Ew_3

新聞紙に開けた穴から差し込む光を白い紙に当てると太陽の像が写ります。新聞紙から1m離れると太陽像の大きさは直径1cmとなり、2m離れると直径は2cmになります。この太陽像をデジカメやスマホで簡単に撮影するこができます。

Ew_4

ただし東側でも周りにビルや背の高い木がある場合などは観察が難しいので、金環日食の時刻(7:30)ごろに十分に日が差す窓を使用しなくてはなりません。また、窓は雑巾などでよく拭いておいてください。穴の大きさが小さいので、ゴミがついていると見づらくなる場合もあります。条件が悪い場合は当店で開発したピンホールカメラなどが有効です。

さらに詳しい内容は ttp://www.j-eye.com/eclips2012.html 

をご覧ください。

IT系メガネショップ J-EYE

2012年5月10日 (木)

日食観察用ピンホールカメラ<2>の作り方をアップしました

ついに金環日食観察用ピンホールカメラ<2>の作り方をアップしています。

開設サイト http://www.j-eye.com/eclips2012.html

型紙ダウンロード http://www.j-eye.com/ ピンホールカメラ<2>のバナーをクリック

Pp0_2 

型紙のダウンロードは、アップして2日間ですさまじくアクセス数が上昇しています。多くの方にご興味を持っていただいているようで、21日が楽しみでなりません。

今回のピンホールカメラ<2>は長めなので太陽像が大きく、試したところカメラ三脚に載せる方法が最もよいようです。ここ数日天候の影響で試せませんが、三脚以外の使用方法も検討していますので形になりましたらまたご報告いたします。

IT系メガネショップ J-EYE

2012年5月 8日 (火)

武蔵小杉/向河原の金環日食情報 (9)

大好評の手作り日食観察用ピンホールカメラの新バージョンを開発しました!!

Pp15

金環日食まであと2週間を切りましたが、皆様はどんな準備をされていますか? 当メガネショップJ-EYEで販売している金環日食用メガネもだいぶ数が減ってきてしまいました。

一方で当店が開発した金環日食観察用ピンホールカメラは大好評のようで、日本各地からいろいろなお問い合わせをいただいております。先日も滋賀県のある中学校の先生から「授業で取り上げたい...」とのお声をいただきました。遮光板の設置が高い評価をいただいております。

最初のピンホールカメラ<1>は手で持って手軽に持ち運んで見られるようにしましたが、いろいろな面でさらに性能を向上させ、しかもこれまでのピンホールカメラに無い機能も入れて開発することにしました。そこで次のバージョンにおけるピンホールカメラ<2>の特徴は、

  1. もう少し筒を長くして太陽のサイズを拡大できるようにする。
  2. 三脚に乗せやすいように現状の箱型の筒を採用する。
  3. 安全性の高い遮光板はそのまま使用する。
  4. 太陽像を簡単に素早く導入できるファインダーを設置する。
  5. ピンホール正面のところは光が照らさないように黒くする。

などの点を考慮して設計しています。現状のピンホールカメラ<1>は太陽像が3mm程度ですが、ピンホールカメラ<2>では約6mmほどの大きさを目指しています。このぐらい大きくなると金環食の様子がさらに見やすくなるものと思われます。

最も大きな機能はファインダーの設置です。これは三脚の上に乗せて使用する場合に、太陽の光の影の形と赤い線の形が一致(下の画像の青い矢印の状態)するとカメラのスクリーンに太陽が入るという仕掛けです。筒が長くなるとなかなか太陽を中心に入れづらいので、これは大変便利なものです。また太陽を直視しないで導入できる安全性も十分に考慮しました。

Pp19

数日以内に当店ホームページの金環日食情報サイト
ttp://www.j-eye.com/eclips2012.html
に作り方をアップしますのでご期待ください。

なお、バージョンアップした日食観察用ピンホールカメラは先行して無料でダウンロードできるようにしましたのでぜひお試しください。トップページの中心より右下にバナーを貼り付けております。

製作も簡単で材料が全てそろえば約1時間ほどで製作できます。バージョン<1>のカメラを作られた方も、ぜひともバージョン<2>の製作もチャレンジしてみてください。

IT系メガネショップJ-EYE

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »