無料ブログはココログ

« パソコン用メガネ最新情報~分光透過率と減光率 | トップページ | パソコン用メガネ最新情報~LEDとCCFLのバックライトの違い »

2012年10月 9日 (火)

「最新LED液晶に現在のブルーライト用メガネが対応できるのか?」を考察

ブルーライトで話題のLEDの世界も日進月歩ではなく、秒針分歩の勢いでイノベーションが進んでいるのをご存知でしょうか。

1年前と現在では大幅な性能差が出ていますので、一般的なメガネ店の広告にある古いタイプの擬似白色LEDをベースとした分光特性は過去のものになりつつあります。

かつて1996年にブルーLEDが開発されて安価な擬似白色LEDが開発され、単独に高輝度な白色LEDが容易にできるようになりました。そのLEDをバックライトにした液晶モニタのスペクトルは次のようになります。

Gr_sp1
ところが、この旧来のLEDの問題点を改善した最新のLEDがすでに多くのパソコンやスマホ、テレビ、照明器具に採用されています。特に液晶モニターの高性能化を進めるために液晶パネル自体の材質の改善、スイッチング特性向上による応答速度の高速化、高演色性能に関わるLEDの高輝度化と光拡散板・導光板の改良、制御電源回路の高性能化など様々な内容が進化しています。そして最新LEDを搭載した最新スマホ画面のスペクトルは次のような特性になります。

Spc1
これでおわかりのように特性そのものが大幅に変化しており、460nmと530nm付近の2ケ所にピークが存在しているのです。500nm以上にピークレベルを設置することでLEDの視感効率を上げることで輝度が高くなることから、演色性が向上します。ところが旧式の擬似白色LEDの分光特性を設計のベースとしている多くの「ブルーライト用メガネ」や「PC系メガネ」は対応が困難でしょう。旧式LEDの分光特性のみを広告に入れているのが何よりの証拠です。旧式ブルーライト用レンズでは530nm付近のピークの減衰率が低いので眩しくて疲れる可能性が高いです。

消費者の皆様はご自分の液晶モニターのバックライトが新式か旧式か、あるいはどのような特性か確認しないで旧式カラー設計レンズのみの「ブルーライト用メガネ」や「PC系メガネ」を購入されることに何のためらいもありませか?

最近HOYAレンズが打ち出してきた「マルチギアシリーズ」に高演色用LEDに対応する可能性のあるカラーが出ました。現在その色の分析を開始したところです。当のHOYAはまだそのことに気づいていないようですので直接HOYA社に問い合わせてもズバリ回答してくれないことでしょう。ソースはおそらく当店が発表するほうが先になりそうです。

LED液晶関連の情報はあまりにもありすぎてここに書ききれませんので、これからも少しずつお伝えいたします。

IT系メガネショップ J-EYE

« パソコン用メガネ最新情報~分光透過率と減光率 | トップページ | パソコン用メガネ最新情報~LEDとCCFLのバックライトの違い »

パソコン用メガネ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« パソコン用メガネ最新情報~分光透過率と減光率 | トップページ | パソコン用メガネ最新情報~LEDとCCFLのバックライトの違い »