無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年11月

2013年11月28日 (木)

太陽に接近するアイソン彗星が見られるNASAのサイト

明日11/29はアイソン彗星が太陽に最も接近する日です。彗星が太陽に近すぎて肉眼での観測は困難ですが、実はNASAのサイトで太陽観測衛星SOHOの画像にアイソン彗星が出ています。
 Ison

SOHOのサイト http://198.118.248.97/hotshots/index.html/ では彗星が太陽に接近する動画も見られます。おそらく明日は見かけ上彗星が太陽と重なるため、位置的には今日のほうがわかりやすいかと思われます。ただしこのサイトのアクセスが激しいようで、光ケーブルで接続しても繋がりにくい状態が続いています。

Latest

太陽の接近後、数日してから夜明け前の東の空に長い尾を伸ばした彗星の姿がみえることでしょう。これからのアイソン彗星が楽しみです。

日本初のIT系メガネショップJ-EYE

2013年11月23日 (土)

武蔵小杉でやっと見えたアイソン彗星

今マスコミで話題のアイソン彗星があと数日(11/29)で太陽に最も接近します。

この100年で最も巨大な彗星と言われていたので、太陽に最も接近する近日点通過前後の姿に期待しておりました。

11/18-11/19には「おとめ座」の1等星スピカの近くにいるのでそこを目印に観測に挑んでみました。どういうわけか現在アイソン彗星のほかにもラブジョイ彗星という彗星も地球に接近しており、一晩に大きな彗星を2つ観測することが出来ます。ラブジョイ彗星は夜中の3時~4時ごろに「おおくま座」付近、アイソン彗星は5時ごろに「おとめ座」付近で最も良い位置に上がってきます。いずれも東側です。

太陽に接近するに従って彗星が顔を出す地平高度が低いため、大気に光が吸収されて予報より暗くなるのが普通ですが、彗星の頭の核が明るければ割り方見えます。他の星との違いはその核のまわりのコマと呼ばれる「もやもや」した部分があることです。

11/19 Am5:00ごろ、やっとアイソン彗星の光芒を捉えました。4等星の予報でしたが、やはり大気吸収でやっと双眼鏡で確認しました。すぐさま口径10cmF5の望遠鏡にNikonのデジカメをセットして撮像したものが下の画像(中心の青白い星)です。

Ison20131119_2

11/29以降は数日間太陽に接近しすぎて見えませんが、早ければ12/3ごろからまた早朝の東の空に長い尾をなびかせた彗星の姿がしばらく見えるかもしれません。

ただし情報では、11/13に彗星がバーストを起こして急激に明るさが増加したとのことですので、「太陽に接近するときにバラバラになるかもしれない...」といううわさもあります。いずれにしてもどのような姿を見せるか楽しみです。12月以降は東側の開けた場所ならば良く見えると思いますので、お子様と早起きしてご覧になってはいかがでしょう。

当方も天文用の特殊なデジカメを使用して彗星を撮り続けておりますので、良い画像が撮れたらまたここにアップする予定です。

彗星だけでなくお星様が良く見えるメガネもお作りしております。最近遠くが見づらいと言う方は是非ともご相談下さい。

アイソン彗星の詳しい情報はアストロアーツをご覧下さい。

日本初のIT系メガネショップ J-EYE

« 2013年9月 | トップページ | 2014年2月 »