無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ | 2018年2月 »

2017年9月

2017年9月24日 (日)

HEVとブルーライト専用の新分析ソフト開発しました

●業界待望のPC-SPECTRUM64/HEV2開発

これまでLED液晶モニターに適したPCメガネレンズ選択のためのスペクトル分析システムでは、可視光線(380~780nm)全体とブルーライト(380~495nm)をターゲットにしておりました。

しかし時代の流れは、紫外線からブルーライトを含むHEV(高エネルギー可視光線380~530nm)帯域を対策する超UVカットメガネが完全に主流となり、HEV対策メガネの詳細なデータ測定が急務となりました。

構想に1年かけて測定波長、測定項目の選定やGUIのデザイン等を検討し、従来ソフトとの連携を考慮して試作を繰り返し、遂に完成に至りました。

Hev_spc

恐らく、業界と消費者が現在最も渇望している詳細データが測定できるものと思われます。

HEV対策用レンズはすでに多くのメーカーが製造に参入しましたが、消費者がどのレンズが最も性能が良いか、自分に最適か不明なまま購入されることに不安を抱いている声をよく耳にします。

HEV用レンズ(特にUV420)と言えどもメーカーにより性能が皆異なっており、ブルーライトに対する効果も同じではありません。またレンズメーカーから公表される分光透過率は比較の根拠になりますが、光源と比視感度(作用スペクトル)との関係は一切公表されておらず、目に対する効果が消費者には不明のままです。

当社が多くの専門家から支持されている理由は、リアル光源スペクトルとレンズ毎に作用スペクトルを用いて明所・暗所別に計算し、公表していることです。PC-SPECTRUM64を公表してすでに数年が経過していますが、このシステムに比肩するシステムは日本国内にも海外にも未だに存在せず、コンシューマレベルで体験できるのは世界で当店1店しかありません。

今後もさらに理論的な研究を重ね、より強力なシステム開発にしようと思っています。

当社「超紫外線カットメガネ徹底研究」をご覧ください。

武蔵小杉のIT系メガネショップ J-EYE

2017年9月11日 (月)

UV420のブルーライト性能を検証

白色LED光源モジュールで検証実験

昨年420、435、440nmのLED光源モジュールを開発し、繰り返し測定していた時にUVや380~420nmだけでなく可視光のかなりの波長範囲にわたり快適な効果があることに気づいておりました。原料メーカーのカタログ・スペックがそのエビデンスを裏付けています。

Uv420_pp1

ところがレンズメーカーはほとんどUVカット機能を強調し、肝心なブルーライト特性に触れていないことに疑問を感じていたので、広帯域LED光源の開発に至ったのです。

Stand_uv420

この8月に完成したB-Y/LEDの測定モジュールと精密アライメント可能なスキャニング用スタンドを同時製作し、注目のUV420レンズがどの程度ブルーライトカット特性があるか実証実験しました。加えてHOYA RG435レンズとの性能比較も実施しています。

スペクトル分析で真実を追求!!

最も重要なことは照明学会のブルーライトに関するコメントにあるように、目で感じる光の評価は発光体の光スペクトルのピークのみならず、作用スペクトル(CIE標準比視感度)と掛け合わせた全光束(指標値)を評価しなくてはなりません。ここでは光スペクトルと全光束の測定結果をすべて公表しています。

Sp2

UV420はPC作業に適した基本性能を確認!!

結果はやはりというかメーカーのスペック内容と矛盾しないブルーライトカット特性が確認できました。詳しい結果は当社ホームページに掲載しています。

当社ではブルーライトカットをスペクトル分析という方法で解析(世界初)しており、眼鏡店に設置している例は米国にもヨーロッパにも無く、世界唯一です。しかも解析ソフトはすべて独自に開発しました。

当社ホームページの中の「超UVカット(UV420)徹底研究」をご覧ください。

武蔵小杉のIT系メガネショップJ-EYE

 ttp://www.j-eye.com

« 2017年8月 | トップページ | 2018年2月 »